タティングレース奮闘日記 PicoPiko

ひとめひとめ丁寧に結うと 綺麗な曲線模様が出来上がる。
機械にはできないレース。

タティングレースの自然な曲線で
いろいろアクセサリーを作っています。
ほとんどのアクセサリーは1~3mの糸で作られています。
タティングレースの繊細な付け心地をお楽しみください。

2013年02月

もう一回ミニドイリーを作ってみた。ここのさ、交差するところがめっちゃ難しいんだけど。タティングレースを初めてはや2か月。なかなか上達しませんね…。編み方が一定じゃないからかなぁ。難しいね。あと、編み図がややこしくなってきて、つなぐところの位置をすっかり忘 ...

タティングレースのミニドイリーを作りました。ミニドイリーというか、コースターサイズ。くるっと交差したところがお気に入りですが、どれも違った形になってしまったり上下逆になってたりする場所もあってちょっと失敗感がぬぐえません。 使っているのはダイソーのレース糸 ...

初めて大きなドイリーに挑戦。といっても18センチぐらいなのですが。タティングレースのドイリーは繊細で曲線的で優雅。もっともっと大物を編めると良いなぁ。ただね、このドイリー。糸の色を間違ったのです。ホントはもっとベージュの部分が多い予定だったのに間違って、微 ...

少しアジアンテイストのドイリー。 なんだろう。どこがアジアンに感じさせるんだろう。よく見たら最後のとどめのボンド部分が見えちゃってるわね。困りましたね。ちょっと最後の糸始末を練習しなくちゃですよね。うん。ええと。なんだっけ??ああ、アジアン。どの辺だろうね ...

↑このページのトップヘ