タティングレース奮闘日記 PicoPiko

ひとめひとめ丁寧に結うと 綺麗な曲線模様が出来上がる。
機械にはできないレース。

タティングレースの自然な曲線で
いろいろアクセサリーを作っています。
ほとんどのアクセサリーは1~3mの糸で作られています。
タティングレースの繊細な付け心地をお楽しみください。

2015年07月

80番の糸でバラのモチーフを作り始めました。 けどねえこれが細かすぎて・・・。もともと、モチーフをつないで輪にするのがすごい苦手なのですけど小さすぎてピコが捩れたり、茎が変なところから出てしまったり。大変です・・・。解くのも大変!!!うわあああああ ってなって ...

初めてハートのモチーフを作ってみました。 今日は40番の糸で。昨日まで80番で違うモチーフを作っていたからなんか40番は粗い感じがするな・・・。あんまり好きになれそうもないです。ヤッパリ最近繊細なのが好きだなー。ハートのモチーフは引き締めるときにくぼんだ部分 ...

80番でやっとモチーフができました。ちょっとコツが分かったかな? そしてピアスに。うおおおお!かわえええええ!!やっぱり細かいと繊細さがアップしてかわええなあああ。 80番でピアスやっぱりかわいい。コレは、すぐにお嫁にいきました。喜んでくれるといいなぁ。 ...

タティングレースしていて一番困るのがピコの大きさ。このお花のように、連続したピコを作るときにピコの大きさがそろっていないとちょっとかっこ悪いのです。あと、ピアスのときも左右同じ大きさがいいかなと思います。なので、ピコゲージを自作しました!とかえらそうに言 ...

バッキバキの肩でこんにちは。何とか結い上げ。 とか言いながら途中の写真しかなかった。ちょっとの力加減でだいぶ大きさが変わってきちゃうのでピアスとかにするのは大変そうだわ・・・。でもやっぱり、繊細でかわいいー!!80番の糸、もうちょっと練習していきたいと思いま ...

↑このページのトップヘ