タティングレース奮闘日記 PicoPiko

ひとめひとめ丁寧に結うと 綺麗な曲線模様が出来上がる。
機械にはできないレース。

タティングレースの自然な曲線で
いろいろアクセサリーを作っています。
ほとんどのアクセサリーは1~3mの糸で作られています。
タティングレースの繊細な付け心地をお楽しみください。

2015年09月

タティングレースで雪の結晶が作りたかったんです。で、雪の結晶の画像をみながらこんな感じちゃうんかー。と、カチカチ。 え・・・雪?っつか、 亀ーーーー!! カメです。うーん、むずかしい。。。   ...

かぎ針って使ったことが無かったんです。ピコの連結など、いつもシャトルの先っぽで済ませていました。まあ、20番ぐらいまではそれでよかった。よかったんだ。んでも、40番ぐらいからはなかなか上手に行かない。上手にいかずに、糸が割れてしまったり、ピコ穴を大きくし ...

ハートの大きさが決まらずにフワフワになっちゃうんだ;; もう、こういうの苦手なんだよ・・・。はー。んでも、作りたいもののイメージはあるので頑張るのです。糸を細くしてみた。やっぱ一番最初の本見て作ったやつが一番可愛いな・・・。煮詰まってきたーー!たまにはお花でも ...

昨日のハートモチーフが大きすぎたので小さくしようと結い結い。って言ってもぶっつけ本番じゃできないので どの大きさがいいのか試作品の試作。みなさん、結構ぶっつけでモチーフとか作られるみたいなんだけどすごいなーと関心しきり。絶対できない・・・・絶対できない自信が ...

というわけでブレードでもモチーフが作れる!と気づいてしまったので ← 遅いつくるよねー。 ブレードのハート。このブレード、ヨーク見るとハートなんだよ!!!最近気づいた・・・ ←遅い(2回)たくさんのハートでハート。だがしかし。使い道が。ない。そして、大きいで ...

↑このページのトップヘ